全国のトラック事業者が新たな物流システムの創造をめざして構築した 「日本最大の物流ネットワークシステム」で、北海道、東北、関東、東海、北陸、近畿、中国・四国、九州、沖縄の7地域本部。
123協同組合・1600社が加盟しています。
物流総合ネットローカルネット会員は各種のスペシャリストです。
一般・食品・重量・積合せ・引越し・倉庫、その他あらゆる物流に対応した車輌や輸送技術を持っています。
JL協同組合日本全国を網羅し、地域輸送から都市間幹線輸送。
また、全国の会員の倉庫や配送センターもご利用いただけます。

ローカルネットとは、全国の中小トラック運送事業者が、生き残りをかけ、新しい物流システムの創造を目指して自らの知恵と情熱で 構築した日本で最大の物流ネットワークシステムです。全国に張り巡らせた''人脈''と''情報網''がローカルネットの生命線。 基本理念である「信義と商道」「ヒューマンネット」「相互扶助の精神」に基づいて組織が構築され、''人脈=情報''の原則が生まれます。

国内生産体制の空洞化や多種多様の規制緩和など物流環境の変化への対応力が、中小運送事業者にも求められています。 コストの削減を実現し、荷主企業をリードする物流システム構築能力を磨いていくことが、ローカルネットの将来的な飛躍に つながると考えています。

物流環境を変革するのが、ローカルネットのロマンです。新たな時代の情報化戦略の本格化にともない、 情報ネットワークを核とした高品質の輸送体制に取り組み、幹線物流及び地域内物流の効率化を目指します。 また、さまざまなコスト削減策や教育により事業者の経営基盤の確立を図り、トータル物流システムとしての役割を担うため、 日々の努力を続けてまいります。さらに、現状に満足することなく、将来を見据えた''次世代ネットワークシステム''の 構築を研究課題として実施することが、物流業界の道標(みちしるべ)となります。